ピックアップ!


PICKUP
愛知知立ボーイズ
愛知知立ボーイズ6期生 「監督に優勝を」

愛知知立ボーイズは、高校野球で活躍できる選手になれるように日々練習に励んでいます。今回は、現在3年生である6期生の成長の証、「あの試合で、6期生は確かに成長した。」を記したいと思います。昨年9月に行われた「若狭高浜ボーイズ大会」、2年生だった彼らは、それまで、勝ちにこだわるというよりは、楽しく野球をやっているように見えた。しかし、この大会で勝ちを重ねる度に増していく、今までになかった緊張感や不安、それと同時に試合に挑む準備ができるようになっていった。チームとしてもどんどん成長していく姿が見られた。そして決勝戦「勝って監督に優勝を!」その想いで闘ったが、結果は惜しくも準優勝。設立8年目の愛知知立ボーイズは、今まで準優勝はあっても、未だ優勝をしたことがなく、「優勝」は6期生だけでなく、卒団していった先輩たちの願いでもあった。この試合は負けてしまったが、今までとは違う<楽しい野球>を知った、大事な試合になったことは間違いない。3年生になり今は、選手権大会も終わり、残念ながら全国への道は閉ざされてしまったが、チームとしてまとまってきた彼らは、「監督に優勝を」を目標に掲げ、残り少ない日々を過ごしている。